本文へ移動
2024年2月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
医療法人 清生会 谷口病院
〒682-0022
鳥取県倉吉市上井町1丁目13
TEL.0858-26-1211
FAX.0858-26-1216
0
0
0
1
1
8
8
8
7
 

皮膚科コラム

【コラム③ 紫外線治療機器 セラビームUVB308 miniLED が当院皮膚科へ新規導入されました】
2023-06-12
 乾癬、掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎などの患者さんで、皮膚が分厚く硬くなった部位や手足の裏などの塗り薬が効きにくい病変に対して有効な医療機器です。円形脱毛症や尋常性白斑にも保険適応があり、比較的小範囲で症状が安定している方が治療対象になります。
 皮膚の免疫異常を改善させる波長の紫外線B波を照射します。LED光源を使用しているので、診察の際に短時間で照射が可能です。
 
 照射の適応、治療回数などについては皮膚科医の判断になりますが、診察の際にご希望をお伝えください。週1−2回程度照射に通うことができる場合は早く治療効果が期待できます。
 なお、照射した部分は翌日まで日光曝露を避ける必要がありますので、午後外来受診での治療もお薦めです。
 普段から白斑部の日焼け対策をしていない人は、紫外線治療により周囲の正常皮膚の色素が増強してコントラストが余計に目立つことがあります。その場合、紫外線の少ない秋以降の治療をお勧めすることもあります。



TOPへ戻る