本文へ移動
2020年5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
0
0
0
0
0
4
3
2
5

臨床工学部

診療紹介

現在、臨床工学部には10名の臨床工学技士が在籍しています。

(本院:8名、サテライト:2名+医療技術員1名)

業務は血液浄化業務を中心に行い、院内医療機器管理・呼吸器業務などにも携わっています。

また、院外研修や学会へ積極的に参加してスキルアップを図り、チーム医療の一員として、

患者様に安心で安全な医療を提供出来るよう日々努めています。

<本 院>
<サテライト>

業務内容

血液浄化業務

人工透析室での業務は、透析治療準備(プライミング等)から穿刺、患者バイタルチェック、返血、
止血などの臨床業務のほか、透析関連機器(水処理装置・透析液供給装置・粉末溶解装置・
患者監視装置等)の操作、保守管理、廃棄、選定のほか、ダイアライザー・血液回路等の物品管理まで
を臨床工学技士が行います。
また徹底した透析液の清浄化管理を行い、より質の高い透析医療を提供出来るよう努力しています。
シャント穿刺
コンソール修理
透析液水質管理

手術室業務

手術立ち会い
手術室にある様々な医療機器
(麻酔器、電気メス、手術用生体情報モニター、
ホルミウムレーザー治療関連機器、内視鏡テレビシステム等)
の保守管理、トラブル時の対応を行なっています。
また、医師の指示の下に機器(レーザー手術関連機器)
の操作、補助を行います。

医療機器管理・教育業務

院内研修会
当院の医療機器の適正使用および管理は、医療機器安全管理責任者である
臨床工学技士が中心となり、管理しています。
臨床工学部では医療機器管理ソフトを導入し、購入年月日・点検・修理履歴を
管理し、これらを元に医療機器年間保守点検計画の作成を行なっています。
また、医療機器安全使用のための業務として、院内研修の企画、開催等も
積極的に行っています。
TOPへ戻る