本文へ移動
2021年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
0
0
0
0
3
4
4
2
5

看護部長あいさつ

看護部長あいさつ

~ 看護師(あなた)を大切にする病院だから~

 

看護部長 金田由佳

新型コロナウイルス感染症は未だ終息することなく、変異し第4波といわれる状況となりました。感染症は生活、意識を大きく変えました。密にならない人との繋がりは、それまでとは違う距離感へと変わり、季節ごとの行事は最小限になり、全てのことに対していかに自分自身がうまく区切りを付けて対応していくのか問われているように思います。そんな制約の中、私たちは自分たちに出来ることWEBを活用した自己研鑽を積み、院外への発表にも努めてきました。
令和3年度、腎臓内科スペシャリストの中岡医師を迎え、谷口病院も創立50周年という区切りの年となります。私たちはこれまでの1年の感染症に対する経験を活かしつつ、さらに腎不全領域の専門性を強めていきます。患者様の最善を考え、「患者に寄り添い支える」というぶれない軸を忘れることなく、話し合い、工夫し、支えていく看護を提供していきます。
 昨年度よりスタートした人事評価制度は、自分を振り返り、見つめなおし、自分の持つ力を生かす。その成果が評価され成長へとつながる。個々の成長を大きな動力とし組織の成長へとつながる取り組みです。
私たちはこの取り組みに不可欠な個人の持つ力を大切に育て成長を支援できる職場を目指します。共に成長する力を秘めているあなたを待っています。コロナ禍ではありますが院内見学対応させていただきますのでお気軽に連絡ください。

【当院看護部の掲げるメッセージ】

自分も大事! 家族も大事! 仕事も大事! ~看護師を大切にする病院だから~
「自分を大切にする」ということは、自分の人生に対して前向きに進めていくことです。
人から言われた目標や、結果を出すことを強制されたりするとどうしても頑張ることが苦しくなります。
しかし、自分で決めたことであれば、責任が持てるようになり大きなミスをして恥をかいたとしても、
それを成長につなげられる自分に変えていけます。自分を大切にしている人は、相手を大切にすることの重要性を知っているので、自分だけでなく周りの人も大事にできます。仕事は一生のうちでかなり長い時間をかけるものです。本気でやりたい仕事が何かを考えているあなたを応援していく職場であることを目指しています。

看護部の理念と行動基準

看護部 理念

 患者家族の皆様に「愛」と「信念」をもって接し、
「信頼」できる患者中心の看護を「実行します」

看護部 行動基準

  1. ありがとうの気持ちをもって接する。
  2. 常に気遣いを忘れない
  3. 聴かれたことは丁寧に応える
  4. 良いと思うことはやってみる
  5. 最後まで諦めない
TOPへ戻る