臨床工学部

診療紹介

 現在、臨床工学部には平成28年に新卒者2名が加わり、10名の臨床工学技士が在籍しています。

(本院:8名、サテライト:2名+医療技術員1名)

業務は血液浄化業務を中心に行い、院内医療機器管理・呼吸器業務などにも携わっています。

また、院外研修や学会へ積極的に参加してスキルアップを図り、チーム医療の一員として、

患者様に安心で安全な医療を提供出来るよう日々努めています。

 

     DSC_0004(補正)          DSC_0008_サテライト(補正)     

       <本 院>            <サテライト>

 

業務内容

人工透析室での業務は、透析治療準備(プライミング等)から穿刺、患者バイタルチェック、返血、

止血などの臨床業務のほか、透析関連機器(水処理装置・透析液供給装置・粉末溶解装置・

患者監視装置等)の操作、保守管理、廃棄、選定のほか、ダイアライザー・血液回路等の物品管理まで

を臨床工学技士が行います。

また徹底した透析液の清浄化管理を行い、より質の高い透析医療を提供出来るよう努力しています。

             

   

   シャント穿刺     コンソール修理      透析液水質管理

 

手術室業務

手術室にある様々な医療機器

(麻酔器、電気メス、手術用生体情報モニター、

ホルミウムレーザー治療関連機器、内視鏡テレビシステム等)

の保守管理、トラブル時の対応を行なっています。

また、医師の指示の下に機器(レーザー手術関連機器)

の操作、補助を行います。

手術立ち会い

 

呼吸器業務

当院の人工呼吸器は臨床工学部が管理しています。

必要時はセッティングした人工呼吸器を病棟へ貸出し、

使用中も患者様の病態を把握しながら設定確認、

動作点検を行なっています。

呼吸器管理

 

  

医療機器管理・教育業務

当院の医療機器の適正使用および管理は、医療機器安全管理責任者である

臨床工学技士が中心となり、管理しています。

臨床工学部では医療機器管理ソフトを導入し、購入年月日・点検・修理履歴を

管理し、これらを元に医療機器年間保守点検計画の作成を行なっています。

また、医療機器安全使用のための業務として、院内研修の企画、開催等も

積極的に行っています。

院内研修会

 

   

 

診療受付のご案内

外来診療は予約制としております。
新患の方を除く
<ご予約・お問合せ>TEL:0858-26-1211

<受付時間・診療時間>

 こちらをご覧ください。

<休診日>

 こちらをご覧ください。