研修・教育

看護部 教育目標

●患者、家族のニーズに添った質の高い看護を提供できる人材を育てる

  1. 安心、安全な医療が提供できる
  2. 全人的教育を通して、信頼のおける医療の提供ができる

 

●時代のニーズに添った自立した専門職業人を育てる

  1. 自主的に知識、技術を習得できる
  2. 仕事にやりがいを持ち、達成感が得られる
  3. チーム医療の担い手として参画できる

 

 

 

看護部 教育基準

看護師の継続教育

  1. 病院の理念、看護部の理念、目標に基づいて教育目標を設定する
  2. 教育委員会が中心となり、理念、目標の下、看護部活動方針とキャリア開発プラグラムに沿って、教育活動を実施する
  3. 教育委員会は組織のニーズ、看護職員のニーズ、社会のニーズを査定し、教育活動の企画、運営、実施、評価を行う
  4. 各部署では、看護師長、主任、が中心となり、職員個々に合わせた教育計画を策定し、支援する
  5. 新人看護職員研修については師長会と教育委員が連携し、プログラムを作成し、実施、評価していく

 院内教育の体系と内容

  1. キャリア開発プログラムを活用し、知識、技術、態度の向上と育成を行う
    • キャリア開発とは個々の看護師が組織の目標を踏まえ、各自の能力やライフサイクルに 応じて、組織の支援を受けながら臨床実践能力の向上に、自ら取り組むことである
    • 実践能力については、質の高い看護に発展させるため、4 つの能力別に各階層ごとの能力開発の目標を明示する
      ・臨床実践能力習熟段階(クリニカルラダー)表を用いて評価していく
  2. 専門ナースの活動を支援する
  3. 院内教育の方法
    • 集合教育(Off-JT)と職場内容教育(OJT)、個別指導、院内・院外教育を適宜選択する

 

→看護職員研修の年間教育プログラムはこちら(pdfファイル)

 

実習の受け入れ

  1. 看護体験実習生、その他研修生
    • 教育担当者は、研修生の目的に合わせて部署を選択し、当該看護師長に依頼する
    • 当該看護師長は、適切な研修ができるように、研修生を支援する

 

 

 

キャリアアップ支援

ひとりひとりがもっと輝くためにキャリアアップを積極的に支援しています。

 

【資格取得】

  • 日本糖尿病療法指導士
  • CIC指導士
  • 認定看護管理者
  • 透析療法指導看護師(DLN)